ログアウトしました。
<- 戻る

糖化と健康

糖化は老化

「糖化」は生活習慣病をはじめとする様々な老化現象の原因のひとつだといわれています。 体を構成するタンパク質と余分な糖が反応して起こる「糖化」。
糖化により生成された「AGEs(終末糖化産物)」が体内に蓄積すると、全身でさまざまな老化現象が引き起こされます。
脳・内臓・筋肉・血管・神経・皮膚・髪・爪などはタンパク質で構成されます。糖化したタンパク質は元に戻ることはできません。そのため、糖化への対策では「糖化の抑制」と「糖化産物の排出」のつのアプローチが重要になります。

糖化の抑制をサポートする AGハーブMIX

糖化産物(AGEs)の輩出をサポートする サトナシール

 

AGハーブMIXについての記事はこちら

 

サトナシールとは
架橋切断と代謝促進で、蓄積したAGEs(終末糖化産物)を排出する「攻め」の抗糖化素材です。 

 サトナシール 2つの作用
①架橋切断
②代謝促進

 

攻めの力 糖化産物を排出する2つの作用

体内に蓄積したAGEsを排出させる方法として、「AGEs架橋切断」と「AGEs代謝促進」に着目。組み合わせて両作用を持つ3種のハーブを配合しました。AGEs架橋を切断し、ヒトが本来持つAGEs代謝力(OPH活性)を高めて、AGEsを排出します。
できてしまった糖化産物に積極的にアプローチする「攻め」の糖化ケア素材です。

「AGハーブMIX」「サトナシール」を配合したVenus Styleオリジナルドリンク

Venus Style Sugar Blocker

Read more >

News What's new

Just added to your wishlist:
My Wishlist
You've just added this product to the cart:
Go to cart page